どうすれば魅力的に見える?初めて日本刀を扱う人が学んでおくべき内容を紹介

当サイトはどうすれば魅力的に見えるのか知りたい人にもおすすめの、初めて日本刀を扱う人が学んでおくべき内容をご紹介しています。
日本古来からの製法で造られている刀剣の美しさを鑑賞したい場合には、ぜひ参考にしてみてください。
日本で作られていた刀剣類にも様々なものがあり、長さや幅のバリエーションが豊富にあります。
それらは輝きを維持するメンテナンスを施すことで良い状態で長年保存することができると期待されます。

どうすれば魅力的に見える?初めて日本刀を扱う人が学んでおくべき内容を紹介

美術的な価値のある日本ならではの工芸品・日本刀は、その美しさによって多くの人の心を惹きつけていますが、より魅力的に見せるためにどうするべきか分からないという人もいるのではないでしょうか。
日本刀は大切にしまっておいて、時々取り出して眺めるという人が多いかも知れません。
しかしたまには飾るというのも鑑賞を楽しむための1つの方法です。
お正月や何かの記念日など特別な機会には、刀掛けを使って飾るとより魅力的に見えるかも知れません。

日本刀の見栄えがよくなる飾り方は?

日本刀は刀身の美しさはもちろん、鍔や鞘まで全て洗練された作りとなっている伝統的な工芸品として、日本古来から伝わる美術品として高く評価されている特徴があります。
コレクションで日本刀を手に入れたけれど、実際にどのように飾ればいいのかわからないという方も少なくないので、自宅での正しい飾り方をしっかり理解しておくと刀の魅力を最大限に引き出すことができます。
基本的に刀身や刀身入りの拵ではなく、拵だけを刀掛けに飾るのが見栄えも良く一般的です。
初心者ほど刀もしっかり飾る必要があるとイメージしがちですが、非常にデリケートで傷みやすい特徴を持っているため、保管時は白鞘に入れて管理することが通常です。
10日に一度はメンテナンスを行う必要があるので、その都度自分で刀の美しさを鑑賞するなどして、できるだけダメージを与えない方法で飾ることが重要です。
また太刀の場合は柄が左、鋒を右にして正面からUの字にすることが大切で、打刀ならば横向きに飾るときには柄は左、鋒は右にして正面からはゆるやかな山形になるようにするなど、刀の種類によって置き方は異なります。

日本刀の刀掛けを効果的に使う方法

直射日光を適度に遮ってくれる障子や個性が際立つ襖やイグサの香りに癒される畳やアクセントになる掛け軸や優しく灯る間接照明など、和質の厳かさやモダンさやスタイリッシュさやインテリア性を高めてくれるアイテムは幾つかありますが、重厚感漂う日本刀もその一つです。
刃物であるため怖さや緊張感を覚えるかもしれませんが、コレクションアイテムとして多くのファンに親しまれています。
そんな日本刀を美しくかっこよく見せるためには、刀掛けを効果的に使用するというのが大事なポイントになってきます。
飾る場所は和室の床の間が一般的です。
日本刀のデザインと和室のインテリアにマッチする刀掛けを床の間に置き、横向きに飾る際は持ち手の部分を左側にして上に反り返るようにします。
縦向きに飾る際は持ち手が下になるように置き、どちらの場合も日本刀が美しく反り返るようなラインにするのが基本的です。
ホコリを被ると魅力が半減しますので、お手入れもこまめに行うべきです。

インテリアとしての価値がある日本刀

インテリアとは、家の中に飾っている装飾品のことです。
家具や壁紙、家電製品、OA機器、美術品など装飾する意味で家の中に配置しているものであれば、すべて該当すると言えます。
場合によっては日本刀を部屋に飾る人がいるかもしれません。
展示会などでも日本刀の輝きを見てすごくきれいと思う人がいるくらいですので、どうしても家に飾っておきたいと思う人がいてもおかしくありません。
日本刀に魅せられたから、家の中に飾って気持ちを落ち着かせたいと思うのでしょう。
刀の所持については、銃刀法で厳しく規制されています。
ただ、購入した時に銃砲刀剣類登録証がついていれば、家で所持したとしても銃刀法違反になることはありません。
インテリアとして日本刀を飾りたい場合は、適切な場所で購入すれば大丈夫です。
なぜ刀を家に飾りたいのかというと、刀の美しさに惹かれたからという理由が多いでしょう。
好きなものを家に飾ることで、日頃の暮らしを豊かにできます。

高価な日本刀は鞘のデザインも秀逸

様々な時代で誕生した名刀の中でも、現代で高く評価されている高価な日本刀は刀装具のデザインが秀逸であることが特徴です。
刀装具の中でも最も華やかなデザインが多いといわれているのが「鞘」であり、元々は刀身の刃の部分を保護するための刀装具であり、主に家庭内で保護や保存のためのものと、鍔など金具や塗りが施された意匠性の高い外出用ものに分かれます。
美術品として価値が高いとされるのを塗り鞘と呼び、鏡面のようなツヤのある「蝋色塗」や青黒くまたは赤黒く濁った色合いが特徴の「潤色塗」、金粉の上に透明な漆が塗られている「金梨地高蒔絵塗」や器物の表面に漆を塗り金・銀の鑢分を撒きつめている「金沃懸地塗」などがあります。
他にも皮や装飾が施されている着せ鞘と呼ばれる種類もあり、鮫皮を剥ぐ際に梅花のような模様が浮かび上がるものや、直接鮫皮や動物の皮を着せて使用しているものも多いです。
どれも日本刀を美しく引き立たせる精巧な作りで、美術品として鞘部分が評価されることも少なくありません。

日本刀に関する情報サイト
日本刀を鑑賞しよう

当サイトはどうすれば魅力的に見えるのか知りたい人にもおすすめの、初めて日本刀を扱う人が学んでおくべき内容をご紹介しています。日本古来からの製法で造られている刀剣の美しさを鑑賞したい場合には、ぜひ参考にしてみてください。日本で作られていた刀剣類にも様々なものがあり、長さや幅のバリエーションが豊富にあります。それらは輝きを維持するメンテナンスを施すことで良い状態で長年保存することができると期待されます。

Search